少人数の結婚式を挙げる上での注意しておきたいポイント

段取りが難しくなってくる

大人数の通常の結婚式の場合は、ある程度段取りが決まっているので、どのような結婚式でも無難に進行していくことが可能です。しかし、少人数の結婚式の場合は、個性的な結婚式になればなるほど段取りをどのようにするのかということも考えて行くことになるので、場合によっては頭を悩ますことになります。ですから、他の少人数の結婚式を色々と参考にしながら、上手に段取りを考えて行くということが大事になってくるといえるでしょう。

衣装選びが大変になる場合がある

少人数の結婚式の場合は、結婚式を挙げることになる会場にも制限が出てきますが、それと同時に衣装についても制限が出てくる可能性があります。たとえば、式場がスイートルームや料亭などで行うのであれば、女性はウェディングドレスではなく、ワンピースを着用して式を挙げるということになる場合もあります。特にウェディングドレスにこだわりがなければ別ですが、一生に一度はウェディングドレスが着たいというのであれば、式場選びも大変になってくる可能性があります。

結婚式に招いていない人への配慮が必要

少人数の結婚式の場合、その分招待していないゲストも通常の結婚式よりも多くなってくることが多いと言えるでしょう。ですから、招待していない人へのフォローが大変になるということが考えられます。このような問題を解決するための一つの案としては、少人数で結婚式を行って、その後に2次会を開いて、結婚式に招待していない人を呼ぶという方法もあります。この方法であれば、結婚式に招待していない人も不満を感じることなく満足してもらうことができるでしょう。

海外での挙式、雰囲気の良いレストランで食事会など、近年は結婚式なら親族のみというカップルも珍しくありません。