結婚式前に行うこととは!?準備を怠りなく行おう

予算をチェックしよう

これから結婚式を考える新郎新婦にとって、予算の想定は重要です。前もってかなりの高額を見積もっていたとしても、実際に支払う金額がオーバーしてしまうことがあります。予定よりも費用がかさんでしまう原因には次のようなものがあります。まず、料理や披露宴の会場装飾を追加したり、ランクアップしたりすることです。理想のドレスを着用したくて、衣装料金がかさむケースも多くあります。さらに、結婚式、披露宴のゲストの人数は費用を大きく左右します。

両親への挨拶にはマナーがある

結婚式の前には、新郎新婦両家へ挨拶を行います。改めて報告を行うとなると、気をつけたい点があります。まず、服装選びです。男性はきちんとしたスーツやジャケットを着用していきましょう。ビジネススーツでも問題ありません。女性は、清楚な服装を心がけましょう。カジュアルにぬりすぎないのが無難です。スーツやワンピースは清楚な印象を与えます。コートを着用している場合には、家に入る前に玄関でコートを脱ぐのが良いです。

結婚挨拶はこのように行おう

自分の家族へ結婚の報告を行ったあとは、パートナーの両親へ挨拶に行きます。結婚挨拶は女性側の両親へ先に行うのが一般的です。当日は手土産を忘れず持っていきましょう。のしは基本的につける必要はありません。席に座る前や、落ち着いた時に渡します。案内されたあとは、下座に座ることがマナーです。和室の場合は床の間から一番離れている場所が下座です。洋室は、出入り口に一番近いところが下座となります。あまり長居はせず、食事時に伺うことは避けましょう。

蓄えがない、自分たちはしなくてもいいけど親が式を望んでいるなどというカップルには少人数での結婚式がおすすめです。リーズナブルですが、本格的な式が挙げられます。