どれにする?結婚指輪の選び方3つのポイント

結婚指輪のリングの種類とは

結婚指輪の種類は同じリングのように見えて色んな形やデザインがあることをご存知でしょうか。男性ものは比較的にシンプルなデザインもものが多いですが、宝石がついているものあり、リングの細さも細いものから幅が広いものまであり、細いリングと太いリングでは着けた時の雰囲気や指にはめたときの感覚が違ようですね。普段からあまりアクセサリーなどをつけたりすることがない人は細くてシンプルなデザインのものを選ぶと違和感なくつけていられるでしょう。

リングの色や素材のチョイス

細さが決まると次に素材や宝石の大きさや種類を選ぶことになりますが、素材や宝石の種類によって価格が大幅にかわりますね。ダイヤでプラチナなどになるとかなりの金額になることもありますが、一生に1度の買い物で毎日身につけるものなので丈夫で傷が入りにくいものを選ぶことがポイントになるでしょう。また、敏感肌の場合は素材をしっかりしたものにしないと肌トラブルや、アレルギー反応が出てしまうこともあるのでしっかりチョイスする必要がありますよ。

メッセージの刻印も忘れずに

結婚指輪の専門店やブランドなどでリングを購入するとオプションやサービスなどで、リングの内側に文字や数字を刻印してもらうことができるところが多いですよ。お互いのイニシャルやメッセージなどを刻印してもらい2人だけのリングを作る人が多いようです。また結婚記念日や入籍日等を刻印しておくと、万が一忘れた時にも裏を見て思い出せるのでうっかり記念日を忘れてしまうというトラブルも防ぐことができるでしょう。夫婦の絆や願いを込める人もいるようです。

パワーストーンをなにも使用していない、シンプルな結婚指輪も良いのです。作りが簡単でも、印象深い製品ならば、相手も喜びます。