結婚式を安くするための方法ってどんなものがある?

結婚式にかかる金額にびっくり?!

結婚式を挙げようとして、結婚式場へ見積もりをお願いしてみると、その金額の高さにびっくりしてしまった、というカップルも多いのではないでしょうか。ゲストの人数などにもよりますが、披露宴を含む結婚式の平均費用が350万円前後。これから新しく二人での生活が始まる、というカップルにとって、この金額はかなりの負担になってきますよね。「結婚式は挙げたいけれど、もう少し節約したい」という人にオススメの節約術をご紹介します。

不人気な日を選んで式を挙げる。

結婚式を挙げる日には、人気のある日とそうでない日があります。人気なのはやはり大安、友引などの日。不人気なのは仏滅の日です。仏滅の日が比較的空いていて、式場でも割安なプランを出しているところが結構あります。どうしても大安の日じゃなきゃ嫌!という人にはオススメしませんが、特にこだわりを感じないという人にはピッタリです。仏滅の日は、式場自体が空いている場合が多く、ゆったりと自分たちの式を楽しめるというメリットもありますよ。

ドレスなどを持ち込んで費用を抑える。

ウエディングドレスを式場でレンタルすると、一着20万円以上はします。さらにお色直しのドレスやティアラやイヤリングを含めると50万円以上する場合も。少しでも安く費用を抑えたいなら、外部のドレスのレンタルショップを利用するのもオススメです。式場でレンタルするよりリーズナブルなショップが多いですよ。式場によっては持ち込み費用が発生するので事前にプランナーに確認しておきましょう。キラキラと光るティアラやイヤリングもアクセサリーショップに売っています。本物志向が強い人には向きませんが、フェイクでも良いなら低価格で手に入りますよ。

最近、結婚式を少人数でする場合が多いようです。気心知れた人達と近い距離での手作りの結婚式は、芸能人のような豪華な式と違い、温もりを感じますね。さらに、結婚式を安く挙げるメリットがあります。