やさしく大人の雰囲気漂うオータムウエディングを盛り上げよう!

ウォームカラーの実もので

暑さがやわらぎ、涼しさも感じるようになってくる9月ごろは花々の表情も変わってきます。落ち着いた温かいカラーや実のりの季節を感じられる実もの、シックに色づいた秋色のやさしい雰囲気の花を使って、大人の雰囲気漂うロマンチックな結婚式もいいでしょう。秋の花でおなじみのコスモスや実もののシンフォリカルボスなどを束ねたおしゃれなクラッチブーケには黄金色の洋キクや濃い紫色のドリコスも合わせて秋を感じさせましょう。

洗練された雰囲気を!

秋色のシックでやさしい色合いのケイトウのブートニアを作ってもいいでしょう。橙や赤みを帯びたベージュ、黄色や赤などやわらかで温かみのあるカラーが新郎のスーツをおしゃれに彩ってくれますよ。ケイトウはくねくねとした曲線を描き、独特の雰囲気を放つ花びらのフォルムに起毛したような質感なので印象に残るでしょう。また、夏らしいオレンジのモカラ、実りの秋を思わせるキイチゴや洋ナシというように季節の移り変わりを表現したテーブルフラワーを初秋には置いても洗練されたコーディネートとなりますよ。

深まる秋の景色に合わせて

秋が深まる10月の結婚式であればベルベッドのような質感のバラや少し色ムラのあるベージュやピンクの秋アジサイを使ってみましょう。秋らしいやさしい温もりがありながらも、ほんの少し冬の気配を感じさせる重厚感のある色や実ものをあしらってこの季節ならではのアレンジを楽しむといいでしょう。幾重にもなった花びらが美しいバラは秋色をチョイスして束ねたラグジュアリーブーケにすれば艶やかな女性らしさあふれる演出ができますよ。こっくりとした色合いの花を贅沢に使用し、バーゼリアなどともにアレンジするといいでしょう。

お得に結婚式場を東京で探すには、都民共済を活用する方法をおすすめします。ドレスの貸し出し、一流の結婚式場も確約で使うことができ、評判がいいです。