結婚式の目玉、ウエディングケーキのタイプとは?

お得なセレモニーケーキ

セレモニーケーキはケーキカットを行うところだけが本物の食べられるケーキで、それ以外はイミテーションケーキになっています。すべて生で作られているウエディングケーキより値段設定は安くなっています。ブライダル関連の費用を節約したい場合に便利です。大部分がイミテーションであるからこそ、スケールが大きい見栄えのするウエディングケーキにすることができるという利点があります。ですから大きな会場との相性がいいんですよ。

自由度の高い生のケーキ

セレモニーケーキに代わってブライダルシーンで主流となりつつあるのが、生ケーキです。ケーキに入刀を済ませてから、調理場で細かく切り分けられます。デザートとして最後に配られるのですが、すべて食べられるケーキでできているので、新郎新婦のリクエストを反映しやすいのが特徴です。生ケーキを使うとファーストバイトやラストバイト、そしてサンクスバイトなどの演出が可能になります。これからもっと需要が高まりそうですね。

海外のウエディングケーキ

イギリスの結婚式でウエディングケーキとして用いられているのがシュガーケーキです。砂糖でコーティングしてあり、三段重ねに作ってあります。砂糖は溶けにくくなっているので屋外の結婚式とも相性がいいという性質があります。日本で一般的なウエディングケーキではないですが、こういうのもいいですね。フランスではシューをきれいに積み上げたクロカンブッシュがブライダルシーンではおなじみの存在です。子宝に恵まれるという意味があります。

かつて鎌倉に遊びに行ったときに鶴岡八幡宮で結婚式をしている光景に出合いました。鶴岡八幡宮といえば神奈川で有数の格式あるところですし、厳かな雰囲気で素晴らしかったです。